スズメバチ―都会進出と生き残り戦略

スズメバチ―都会進出と生き残り戦略

感想など

すでに自然科学の書棚の同じ項目に2年前に書いたので、ここでは繰り返さない。本の内容もさることながら、著者に脱帽である。現在は小学校の先生は退職しているそうである。

スズメバチについて知りたいなら、執筆の際にこの著者にいろいろ教わったという、オオスズメバチを主人公にした小説『風の中のマリア』もあわせて読むことをお勧め。

増補改訂新版

増補改訂新版が今年(2012年)の7月に出た。もともと私が読んで紹介したものも増補改訂版なのだが、さらに加筆されている。それは東南アジアで著者が新たに積んだ経験について。どうしても増補改訂新版でなければならないということはないが、新品では増補改訂版はもう入手困難だろう。表紙はこっちの方が好きだけどなあ、私は。

購入・各種データ

画像は楽天ブックス、文字はアマゾンにリンクを張ってあります。増補改訂新版の出版に伴い、アマゾンのリンクは差し替え、楽天ブックスの画像の方は比較のためにさらにはじめのものも含めて並べてみました。購入する場合は、赤い表紙のものです。

 
 スズメバチ―都会進出と生き残り戦略

アンケート

どの表紙が良いかアンケートです。この本の作成にかかわった方の回答はご遠慮ください。

好きな表紙はどれですか?

選択肢 投票
初版(左) 0  
増補改訂版(中央) 1  
増補改訂新版(右) 0  

思わず手に取る表紙は?

選択肢 投票
初版(左) 0  
増補改訂版(中央) 0  
増補改訂新版(右) 1  

最初のは、なんだかかわいい。親しみが持てる。増補改訂版は周りが黄色くていかにもハチらしい。ただ、上の2匹写っているやつがアシナガバチっぽく見える。増補改訂新版は一番ケバイ。ハチの恐ろしさが良く表れている。こうして並べると三者三様だなあ。

手元においておきたいのはきっと「好きな表紙」だろうが、しかし、買ってしまうのはまた別ではないかと思うので、書店で「思わず手に取る表紙」ということで2つのアンケートにしてみました。


混沌の間>混沌の書棚>昆虫>スズメバチ―都会進出と生き残り戦略

初回更新:2011-11-27 (日) 10:52:25
最終更新:2014-06-21 (土) 09:59:33
a:668 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional