開発チームは、なぜ最強ブランド「瞬足」を生み出せたのか? 苦境からの大逆転!子どもの2人に1人が履く奇跡のシューズ誕生物語

開発チームは、なぜ最強ブランド「瞬足」を生み出せたのか?

瞬足ブランド誕生秘話・ヒントいっぱいの開発ストーリー

帯つき表紙

実に長いタイトル(笑)。かつての火曜サスペンス劇場のような一時期の2時間単発ドラマの長ったらしいタイトルを彷彿させる。しかし、この長いタイトルに惹かれたのも確か。

サブタイトル入れて「開発チームは、なぜ最強ブランド「瞬足」を生み出せたのか? 苦境からの大逆転!子どもの2人に1人が履く奇跡のシューズ誕生物語」ですよ。買いでしょ。詰め込んだよね、それにしても。個人的には、「苦境からの大逆転」というのがピンと来た。それと二人に一人がはいてるの?というのも。

仕事にちょっと勢いがなくなってきたので、元気をもらえれば、という程度の軽い気持ちで、ドリンク剤のようなつもりで読み始めた。

私が瞬足を知ったのはテレビCM。「もう中学生」の娘はさすがに卒業してしまったが、日曜日のテレビ朝日、7時半から9時の「戦隊もの」「仮面ライダー」「プリキュア」のスーパーヒーロータイムの合間に流れていた。本書にもそこにCMを流していたと書いてあったので、ドンピシャであったわけだ。

左右非対称というコンセプトは、もちろんそのCMで知った。すごいことを考えたなというインパクトは、今も忘れない。

今高2の息子が小学生のとき、運動会前に、CM見ながら、これはいてみたら?と半分冗談で言ったら、「新しいの買って来たよ。本番、どっちにする?」という会話がすでになされていた。瞬足、2足目かよ!

この本をhontoでクリックしたあと、娘に聞いてみた。今でもたまにはくってよ。

今、これを書くに当たって、妻に聞いてみた。何足買ったの?二人の子供でそれぞれ4~5足は買っていると。「そんなに高くないんだよねえ。それにほら、子供って1年と持たないし」売るためになんとか価格を2,000円以内に抑えた企業努力が本書の中には書かれているが、まさにそこはポイントだったようだ。

つづく

購入・各種データ

画像は楽天ブックス、文字はアマゾンにリンクを張ってあります。私はhontoで買いました。

開発チームは、なぜ最強ブランド「瞬足」を生み出せたのか?―苦境からの大逆転! 子どもの2人に1人が履く奇跡のシューズ誕生物語

混沌の間>混沌の書棚> 開発チームは、なぜ最強ブランド「瞬足」を生み出せたのか?

初回更新:2013-07-22 (月) 06:59:58
最終更新:2014-06-21 (土) 09:59:34
a:349 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional